NRNEWS003
the ARROWS遂にNomadicから世界進出のフルアルバム!
arrows
都内でも既にその際立つ個性と完成度の高さから各方面から絶賛の嵐をよんでいる、名古屋では人気、実力ともNo.1バンド、アロウズがついにNomadicからこれまでの集大成といえるフルアルバムで全国に進出する。タイトルは『東ファウンテン鉄道』。2003年、間違いなくブレイクする!とっておきのとっておきだ。ライヴ情報もまめにチェック!
nmcd0011
the ARROWS
『東ファウンテン鉄道』

NMCD-0011 ¥1500(intax)
2003/3/28 On Sale !!!
  • これは最初の一歩かな?ていうかドラム上手だなあ。自分たちだけのオリジナリティをどんどん追求していくべし!                   茂木欽一(東京スカパラダイスオーケストラ)

  • CDを聴き終わると何だか、バックパックかついで長いこと旅をしてきたような気分になるよ、目をつぶると見 える広野、冷たい風、インディゴブルー、胸が詰まるぐらいに広い空があるよー。いいねぇー。 「いくらかの嘘つけるさ子供じゃないんだ」なんて言い放っちゃえるぐらい真っ直ぐな、自然な言葉と音が今凄く大切だよね! らいく あ あろー。     永積タカシ(ハナレグミ&SUPER BUTTER DOG)

  • 爆裂ギターに胸踊らせて、甘いヴォイスに胸締めつけられて、ライブを観たならもう君はアローズに突き刺されるだけ!2002年11月のツアーで共演させて貰いました。演奏もアレンジも世界観も素晴らしい!必聴!                     新井仁(NORTHERN BRIGHT&RON RON CLOU)

  • 懐か新しい、。シューゲイザー再評価?の波に乗った良質ポップな言葉達。なんだこれ?ギターと歌がグっとキました。                          上条盛也(PENPALS) 

  • the ARROWSは、僕が音楽の道へ進む事になった大きな要因であるindie-popの伝統を 持ち続けている。 そして、彼等の音楽はそんな僕を90年代初期の頃へ呼び戻し、RideやSonic Youthのようなバンド達の音を思いださしてくれるんだ。 メロディックで無秩序なヤツラだね!
                  ヘンリック(クラウドベリージャム&ザ・フリーケンシーベンダース)

  • 絶妙のアンサンブル、細部に渡る繊細な表現、劇的な流れの変化。この世界感は、相当音楽に対して真剣に向き合ってないと出せませんよ!感服!                    ACIDMAN一同
news top

to be continue