東日本大震災ピックアップページ
ふるさとプロジェクト特設ページはこちら

別冊/メディア関係
◯PRAY+LIFE ふくしまの声 にて平山のインタビュー掲載
http://www.praylife.net/fukushimavoice/archives/post_29.html

◯OTOTOY『REVIVE JAPAN WITH MUSIC』にて平山のインタビューが掲載
http://ototoy.jp/feature/index.php/20120106

◯MUSICMAN-NET【あれから1年】に平山のインタビューが掲載されました。
http://www.musicman-net.com/tohoku_sp/nomadicrec.html

◯The Future Times(ASIAN KUNG-FU GENERATION/後藤正文編集)にて平山のインタビューが掲載
http://www.thefuturetimes.jp/archive/no01/fukushima1_5/
◯The Future Times 6号(にて続編対談)
「やっとここまでこれた 富岡町」http://www.thefuturetimes.jp/archive/no06/hirayama/

◯2011.11.21 J-WAVE 『JAM THE WORLD』にて平山が電話インタビューにて出演しました

◯ふくしまFM 2012.3.11『The Message for Everyone』25:00〜29:00
この一年間にふくしまFMに届いた、一般の方からの応援メッセージ&ソングを中心に、4時間の生放送をやりました!

◯【FMいわき76.2MHz】2012.3.25「越えてゆこう 明日へ」で平山とnotice itが出演。

◯JUNGLE LIFE163号 平山による原発からの避難当時の様子のコラム
JUNGLE LIFE web版  http://p.tl/7eRd

◯JUNGLE LIFE167号 notice it政井による津波からの生還とリリースのコラム
JUNGLE LIFE web版 http://www.jungle.ne.jp/column2/detail.php?bid=1231&vol=167&no=12

◯いわき民報2011.8.31 平山のコラム掲載

◯福島民報 朝刊「民報サロン」2012年 5/13、6/2、6/23、7/14、8/3、8/23の計6回、
 平山のコラムが掲載されました

◯J-one【生命あるもの】福島の声を届け。ポスト3.11の生き方を探る支援型雑誌2013年1月号にて
 Notice itと平山のインタビューが掲載

◯FM佐賀で19:00〜20:00「木原慶吾のFriday Night Talking Radio」2013.3.1平山電話インタビュー出演
 震災から2年と現状について

◯2013.3.12 北海道新聞「「原発難民の詩」にメロディー 被災者の心つなぐ歌」掲載

◯2013.2.18 日本経済新聞「一万六千人に心の復興」掲載

◯2013.3.16 福島民報「古里富岡思う詩、CDに」掲載

◯2013.3.11 月刊りーどにて平山のコラム掲載

◯2013.5.6 ラジオ福島「復興情報ファイル」にて富岡インサイドについてのインタビューオンエアー

◯2013.8.12 ラジオ福島 月曜Monday(もんだい)夜はこれから
       南相馬市原町区萱浜で行われた「追悼福興花火」の模様に平山のコメント出演

◯2013.9月 Jone【生命あるもの】福島の声を届け。ポスト3.11の生き方を探る支援型雑誌2013年9月No.6号にて富岡インサイドフォトリポート掲載

◯2014年3月 NHK福島放送局3/11はまなかあいづTodayにて、notice it ダイキのインタビュー

◯2014年3月 ラジオ福島 東日本大震災特別番組「ふるさと・未来へ」3月9日
       薄磯から生中継でnotice itのダイキが出演

◯2014年3月 震災から3年を経てnotice itの政井大樹の記事が各メディアで掲載
 朝日新聞、、日刊スポーツ、福島民友、福島民報、岩手日報、産經新聞、
 河北新報、東京新聞、茨城新聞など 

◯2014年12月 【福島民報】安全マスコットお披露目 富岡地区安管協

◯2016年5月 【河北新報】富岡は負けん!横断幕でエール

◯2016年3月 【毎日新聞】双葉郡未来会議 「協力して復興を」シンポで訴え

◯2016年3月 【河北新報】記憶の継承へ多様な発信を


NRNEWS104/ OTOTOY復興支援コンピレーション・アルバムと 『Play for Japan』と
OTOTOY『Play for Japan 2013』は、uriageno shuuekiwo 「ハタチ基金」の義援金として贈るチャリティアルバムです。今回のテーマは、『Landscapes in Music』『沸きあがる的な』そして『a will finds a way』。オトトイ編集部やライター等3チームが、それぞれの思いを話し合いながらテーマとアーティストを選出。ノーマディックレコードからは『Landscapes in Music』にタテタカコの「ふるさと」、『a will finds a way』に雨ニモ負ケズ「馬鹿な唄うたいのウタ 」の2曲で参加。その他どれも素晴らしいが刻ばかりです。この機会に是非!

震災以降、OTOTOYが音楽やカルチャーに関わるもの達が、どのような考えを持っているのかを知ってもらいたくて発信してきた『REVIVE JAPAN WITH MUSIC』がこの度、書籍化されました。2012年1月には平山のインタビューも掲載。この機会に是非。電子版は無料で読めます。

第一回 : 大友良英インタビュー
第二回 : 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)インタビュー
第三回 : 山口隆(サンボマスター)インタビュー
第四回 : Alec Empire(ATARI TEENAGE RIOT) インタビュー
第五回 : 平山"two"勉(Nomadic Records) インタビュー
第六回 : 小田島等(デザイナー/イラストレーター) インタビュー
第七回 : PIKA☆(TAIYO 33 OSAKA/ムーン♀ママ/ex.あふりらんぽ) インタビュー
第八回 : 箭内道彦(クリエイター/猪苗代湖ズ) インタビュー
第九回 : 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)インタビュー


NRNEWS102(2013年3月)/3.11ACIDMAN公演に「福友ブース」
2013.3.11
いわきアリオスで行われるACIDMAN LIVE in FUKUSHIMA 2013公演において、地元福島で活動する、DIVE福島福島リアル女子の暮らし研究所の3つの団体による合同企画「福友ブース」が出店する。それぞれのオリジナルグッズ販売と、福島へのメッセージボードを設置し、当日の会場を更に意義あるものに。

なお、福友ブースにて、既報のCD『ふるさと』と、ドキュメンタリー作品「わたしたちは忘れない 福島 避難区域の教師たち」とその続編の「子どもたちと生きるために 福島の教師たち」」のDVD2種を限定で販売。会場におこしのみなさん、是非のぞいてって下さい

JUNGLE LIFE記事


NRNEWS101(2013年)3月/沖縄から福島へ、街フェス「
ASYLUM」今年も開催。

音楽とアートの複合イベント「ASYLUM2013 in Fukushima」が去年に引き続き福島市・いわき市にて2日間開催。福島で暮らす人が他の土地にいくこと。他の土地で暮らす人が福島にいくこと。そして、直接話をすること。何が本当かわからない今、最も信頼できる「真実」を実感し、最も信頼できる人を見つけ出せる唯一の方法なのではないでしょうか。

その繋がりを生み出す場=「文化の礎」として、様々なしがらみや苦痛、問題を乗り越えていく力を得るために、人と人が繋がり共有し合う心の避難所「ASYLUM 2013 in Fukushima」を、「3.11」という区切の時に、昨年に引き続き福島県福島市といわき市で開催します。3/9福島は東京、東北で復興支援ライブを行ってきたAID BEATとの共催。浪江出身のシンガー牛来美佳とMeteoric Swarmも参戦!MCではちょこっとダンディがちょこっと笑かしてくれそう。

『ASYLUM2013 in Fukushima + AID BEAT in Fukushima』
2013.3.9.sat @福島Live Space C-moon
出演/細美武士(the HIATUS) / タテタカコ / 遠藤ミチロウ / 牛来美佳 / Meteoric Swarm / notice it / 00Z /
足田メロウ / ヒロカネフミ
開場 15:30 開演 16:00 / 前売り ¥2,500+1D 当日 ¥3,000+1D

『ASYLUM2013 in Iwaki』
2013.3.11.mon @club SONIC iwaki
細美武士(the HIATUS)?? / タテタカコ / 遠藤ミチロウ / 山口洋(HEAT WAVE) ? /
?渡辺俊美(TOKYO NO1 SOULSET・ZOOT16・猪苗代湖ズ) /
足田メロウ / ?ヒロカネフミ / ユアサミズキ / じゃんがら念仏踊り
開場 17:30 開演 18:00 / 前売り ¥2,500+1D 当日 ¥3,000+1D

JUNGLE LIFE記事

ASYLUM2013 in Fukushima【お問合せ】club SONIC iwaki
mail:sonic-iwaki@sonic-project.com Phone/FAX 0246-35-1199


NRNEWS097(2012年6月)
clubSONICiwaki
、clubQue、Nomadic Records共催。下北沢clubQueからいわきソニックにイベントを持ち込んだ全2回から、場所をQueに移しての第3回目の開催が決定。福島県出身のアーチスト達で固めた出演者は超豪華!

さらに福島から片平里里菜、いわきからmiwamuraの参加で更に地元色濃い内容に。東京近郊にいる福島出身の方には是非見に来て欲しい。きっと福島が誇りに思える筈!

"SONIQUE LIVE!! Vol.3 -From FUKUSHIMA To TOKYO-"
2012年6月19日 下北沢CLUB Que

出演/音速ライン/paionia[※support Dr.小寺良太(ex.椿屋四重奏)]/いしばしさちこ(BAND)/
片平里菜/ミーワムーラ/富澤タクa.k.a遅刻(グループ魂、Number the.)
DJ>平山"two"勉(normadic records)/タナカジュン
VJ>福島の美しい写真・映像展
OPEN / START 18:00 / 18:00
ADV / DOOR ¥2,800 / ¥3,000 [1D別]
チケット発売中:[ローソン78398]・イープラス・clubQue店頭

問)CLUB Que http://www.ukproject.com/que/

ニュース
下北沢経済新聞 下北沢で福島県応援ライブ−県在住・出身アーティストが集結
COLOR SONIQUE LIVE!! Vol.3 -From FUKUSHIMA To TOKYO-”
MUSICMAN-NET 福島発のライブイベント「SONIQUE LIVE!!」東京・下北沢で開催


NRNEWS088(2011年5月-6月)
復興支援イベントの一環として、ノーマディックレコード、下北沢CLUB Que といわきSONICの共催によるイベントを開催する。5/13はアコースティックを基本に、6/5は都内からハーレーダビッドソンによるツーリングも含めたロックイベントとなり、売上の一部は義援金としていわき市に送られる。両日ともめったに見れない超豪華メンツとなり、いわき市民にむけた熱いライブに期待!

CLUB Que & SONIC & NomadicRecords presents 『 SONI-QUE LIVE and RUN 2011 from TOKYO vol.0 』
45thアコースティックライブ 
日程:2011年5月13日(金曜)
LIVE:渡辺俊美(Tokyo No.1 SOULSET)宍戸留美 / 井垣宏章(ex.Unlimited Broadcast)+本田太郎(exハンサム兄弟)
ゴンダタケシ(GRiP) /SIN'L"MCA [t-key(ex.コールタール)、凛音(SmorkingApe)DJ:渡辺俊美
他、シークレット出演ありかも!
時間: 18:00/18:30 料金: ¥1500/¥1800 ドリンク代別

CLUB Que & SONIC & NomadicRecords presents 『 SONI-QUE LIVE and RUN 2011 from TOKYO vol.1 』
HARLEY-DAVIDSON and ROCK'N ROLL
日程:2011年6月5日
LIVE :THE PRIVATES / HARISS / 9STATES / SIN'L"MCB/etc…
他、シークレット出演ありかも
前売¥2500/当日¥2800 ドリンク別 開場17:00/開演17:30

主催:club SONIC iwaki /NomadicRecords
制作:CLUB Que/Zher the ZOO
協力:VIBES/SIN'L"MC
チケット : club SONIC iwaki 0246-35-1199


NRNEWS088(2011年3月)
 2011.3.11 東北関東大震災を受け、福島県富岡町という、原発の真ん中に拠点をおくノーマディックレコードは、地震による損害と原発事故による避難勧告により、一時全ての機能がストップしてしまいました。不可抗力とはいえ、関係者各位の皆様に、大変なご迷惑をおかけしてしまった事を心よりお詫び申し上げます。また、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

 ノーマディックレコードとしましても、被災者の方へむけてできる限りの支援、努力を惜しまない所存であるのはいうまでもありません。
 また、原発
事故
の被害にあった世界で唯一の
音楽
レーベルとして、必ず、皆様に元気な姿を見せ、復興にむけてこれまで以上に頑張って参りますので、今後とも皆様の暖かいご支援、ご協力、ご指導の程、宜しくお願い致します。

 救援物資募集のお知らせ→http://p.tl/XW7m
 救援物資募集は一旦閉め切りました→http://p.tl/iaWe

富岡町応援サイト立ち上げました。Tomioka インサイド

2011.3月、仮事務所オープンしました
970-1141福島県いわき市好間町愛谷塚ノ町39-1-201 (仮)
TEL/FAXはありません。問い合せはメールにて

2012年10月、いわき市に正式に事務所新設しました
970-8026 福島県いわき市平字三倉57-3 ホワイトビル101
Tel 090-2322-1895 Fax 0246-38-7513

Page Top Site Top